プロフィール

profileロスティ 泉 (Izumi Lostie)
(株)プロヴァンサ代表取締役
トレビアンフランス語アカデミー講師

関西大学フランス文学科卒
Université Paris V Descartes (パリ第五大学) 言語学科 学士号、修士号卒
INALCO-Institut national des langues et civilisations orientales (フランス国立東洋言語文化学院) 国際ビジネス学科 修士号卒

ワイン、アパレル、化粧品の分野で、パリと東京を拠点に日仏間のビジネスに20年以上携わる。また2007年に会社を設立し、南仏プロヴァンスの石鹸を輸入販売し始める。2011年から8年間、フランス人の夫の転勤に伴いブエノスアイレス、バンコク、クアラルンプールに在住。ブエノスアイレスで始めたチェロをきっかけに海外で勉強する日本の音楽家たちに出会い、留学中の彼らが語学に苦労していることを知る。そこで、フランス語圏に留学したいと思っている未来の音楽家やシェフ、バレエダンサー、デザイナー、アーティスト、ソムリエなどの方々の自己実現のために、6か月でフランス語の基礎を習得する講座「トレビアンフランス語アカデミー」を開講。

はじめまして。トレビアンフランス語アカデミー講師のロスティ泉です。

私は小さいころから外国語を学ぶのが大好きで、ずっと英会話を習っていました。19歳までは本州から出たことすらありませんでしたが、地球儀や外国の写真を眺めては、海外の生活をいろいろと想像していました。そして大学では英語以外の言語も学びたいと思い、フランス文学科に入学。大学の3年生を終えた後「もっとフランス語がぺらぺらになりたい!」と思い、クラスの皆が就職活動を始めるのを横目に、フランスのリヨンに1年間の語学留学に出発します。

「語学=目的」ではなかった

しかし1カ月もたたないうちに、友人がベビーシッターをしていた子供を見て「フランスでは5歳の子供でもフランス語がぺらぺら」という当たり前のことに気づきました。「語学=目的」ではなく、「語学=ツール」だということに、その時やっと気がついたのです。「私がフランス語ペラペラになっても、フランスの5歳児と同じなんだ…。」それから1年間の留学中、自分はフランス語で何をしたいのかをずっと悩み続けました。その時はまだインターネットがなかった時代でしたので、仕事に関する情報を調べたり、留学経験者の体験談を読む、ということもできませんでした。私がそのときに持っていたのは「成功する留学」という本1冊だけだったのです。

なんども軌道修正した学生時代

パリ第5大学の授業風景  (L’Etudiantのサイトより)

それでも、さまざまな出会いがあった貴重な1年間をフランスで過ごし、帰国。日本の大学卒業後、こんどは「フランスの大学で日本語を教える」ことを目的にし、フランスで「中・高等教授資格 (agrégation)」を取るべく、パリ第5大学の言語学科に入学します。言語学はまったく初めてやるの学問だったので最初はかなり苦労をしましたが、なんとか学士号、修士号を取得。卒業後は資格試験の勉強をするつもりでした。けれどもその間に、フランスのソフトウェアを日本に輸出していた仏企業で技術翻訳者として働きはじめたことがきっかけで、日仏間のビジネスに興味をもつようになります。そして今度は目的を「日本とフランスの間でビジネスをする」に変更。フランスでは大学での専攻がその後の就職先を決めるので、仏文学と言語学の学位だけでは仕事はみつからないと思い、INALCO (フランス国立東洋言語文化学院)に入りなおし、そこで国際ビジネス学科の修士号をとります。

このように、なんども悩み、目的を変え、軌道修正を繰り返した学生時代でした。(ちなみに、フランスの国立大学の学費は非常に安く、2019年では学士号1年間の学費は170€(約2万円)、修士号の学費は243€(約3万円)です。)

念願の日仏間ビジネス

ボルドーのワインメーカーで修士号最後の企業研修を終えたあと、卒業後はパリでアパレル関係の仕事につき、フランスやイタリアのファッションブランドと日本のアパレルメーカーの間のライセンスビジネスに携わります。こうしてなんども目的変更と進路の軌道修正をしながらも、ようやく日仏間のビジネスに関われるようになりました。その後フランス人と結婚、出産。パリオフィスでは一人で仕事をしていたので、出産したすぐあともベビーカーを押してデザイナーさんのところにデザインアプルーバルに行っていました。

そのころに夫に東京転勤のチャンスが訪れ、家族で東京に引っ越します。東京で今度はフランスの石鹸OEMメーカーの日本営業担当となり、日本の化粧品メーカーとフランスのOEMメーカーをつなぎます。しかし二人目の子が生まれ、上の子供が小学校に上がる歳になると、だんだんと会社勤めが難しくなってきました。そこで、今度は南仏プロヴァンスのマルシェで見つけた色とりどりの石鹸を自分で輸入販売すべく、会社を設立。インターネットや百貨店、専門店で南フランスの香りの石鹸を販売するようになりました。

  

8年間で3か国に移住

そしてまた夫の転勤が決まります。次の行き先はブエノスアイレスでした。小さいころ、地球儀を見ながら「東京の正反対の都市はブエノスアイレスあたりだな」と思っていたのですが、まさかその正反対の都市に移住することになるとは思ってもいませんでした。そこから8年間は、家族でアルゼンチン、タイ、マレーシアに移り住みます。宗教も文化も言葉も全く異なる国々に住むことができたのは、私たち家族にとって非常に貴重な体験でした。

アルゼンチンへの移住で、以前よりもすこし時間ができた私は、ブエノスアイレスでチェロを習い始めます。小さいころから弾いていたピアノとは違い、チェロはチェロ同士や他の楽器と一緒に演奏することができるので、さまざまな国に引っ越しを繰り返す私でもすぐに現地で音楽仲間ができました。その楽しさにすっかりはまってしまい、各赴任先ではアマチュアオーケストラで演奏すると共に、毎年夏休みには、フランスで開催される夏季音楽合宿に参加をするようになります。そしてそこで、日本から参加している音大生や音楽家の方々に出会うようになったのです。

フランスでの夏季音楽合宿の様子

趣味で弾いている私とは違い、音楽合宿に来ている日本人の方々は、声楽やフルートなどでプロになろうとしている音楽家の卵たち。普段はパリのコンセルヴァトワールなどで音楽の勉強をし、夏休み中は各地の音楽合宿に参加してさらに腕を磨いていらっしゃるのでした。そんな方々と話しているうちに、皆さんがフランス語にとても苦労していることを知ります。レッスンはもちろんフランス語ですし、フランスでは日常生活にもフランス語が必須です。「芸術に国境はない」とは言いますが、フランスに留学するにあたって語学がよく分からないと学べることが半減し、生活の苦労は倍増します。私がツールであるフランス語を身に着けた後にそれを使う目的を探し続けたのとは反対に、彼らはすでに目的が明確なのに、ツールがないために苦労しているのでした。

このような経験から、「自分の得意な語学で、フランス語圏に留学をして自分の技術を磨きたいたいと思っている方々のお手伝いができるかもしれない」と思うようになったのです。


トレビアンフランス語アカデミーのコンセプトについてはこちらをご覧ください。

francais en 6mois

trial lesson

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします