フランス語の聞き取り練習:室内装飾家のガルシアさん

最終更新日:2020年2月12日

TV5 Mondeというフランスのテレビ局のサイトに、5分間でさまざまなアーティストや職人たちを紹介する番組があり、非常に面白いです。

TV5 Monde ポートレイト

ここで紹介されているガルシアさんは、有名な室内装飾家・コレクターで、Champs de bataille城というお城を、庭も城内の装飾も何もない状態で購入し、全てリフォームをされた方です。豪華な骨とう品を集めるコレクターでもある彼が、”luxe”について答えている場面が、なんとも粋でフランス人っぽかったので、フランス語の聞き取り練習に使わせていただきました。

インタビューの一部を取り出しフランス語の字幕をつけてみましたので、以下の方法で聞き取り練習をしてみましょう。

<聞き取り練習のやり方>

  1. まずはフランス語の字幕を見ずに聞いてみて、その後で字幕をみながら聞いてみてください。
  2. 次に、動画の下の和訳を読んでみましょう。
  3. 最後に、字幕なしでもう一度聞いてみましょう。

インタビューの和訳

C’est quoi pour vous, Monsieur Garcia, l’expression du luxe ?
ガルシアさんにとって、「豪華さ」の表現とはなんですか?

Pour moi, le luxe c’est la simplicité.
私にとって、豪華さとは簡素なこと。

Je pense qu’il n’y a pas de vrai luxe sans un fond de simplicité.
簡素さ無くして、本当の豪華さはないと思う

Il faut de la pudeur dans le luxe.
豪華さの中には慎みが必要です。

Ou faussement simplement, peut-être,
もしかしたら、単に見せかけの慎みかもしれませんが

Mais dans tous les cas,
いずれにせよ

Il n’y a pas de trop.
そこに過剰はない。

Le trop, c’est quelque chose de fondamentale pour servir le bien.
過剰というものは、よいものの役に立つ重要なものです。

Et si le trop ne sert à rien, c’est simplement “trop”.
もし過剰が何の役にも立たないのであれば、それは単に「過剰」なだけだ。

Et pour ne pas en dire plus au risque de dire trop, un seul mot, “bravo.”
では私も言い過ぎてしまわないために、ひとことで。「ブラボー」


もとの動画はこちらにあります。
Jacques Garcia et le château du Champs de bataille

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook