フランス語の動詞の3人称複数形の 読み方(-ent)

最終更新日:2021年9月23日

フランス語の読み方で皆さんがよく間違えるのが、動詞の「3人称複数形 (ils, elles)」の活用です。例えば第一群規則動詞の代表動詞、chanter の活用を見てみましょう。

ご覧のとおり、

ils / elles chantent は [シャンタン] ではなく [シャント]

のように読みます (実際には最後の e は弱く発音しますので [トゥ] のような感じです)。確かに規則通りに読めば ent は鼻母音なので [シャンタン] と読むはずですが、この3人称複数形の時の動詞の読み方は例外で:

ils chantent

のように最後の nt はないものと思って読まなければなりません。

第一群規則動詞以外でも、3人称複数形の活用語尾が “-ent” で終わる場合は同じように “nt” はないと思って読んでください。例えば:

  • finir : ils finissent [フィニッス]
  • venir : ils viennent [ヴィエンヌ]
  • dormir : ils dorment [ドるム]
  • mettre : ils mettent [メットゥ]

ではこのことを頭に入れて、以下の文章を読んでみてください。

Les bizarrerie de la langue française : フランス語の奇妙な点

フランス語は比較的規則に忠実に読む言語ですが、それでも意味によって読み方が異なる場合があります。ここでは、そのような異なる読み方の例をあげた “Le bizarrerie de la langue française (フランス語の奇妙な点)” をご紹介します。

青色で示した単語は全く同じ綴りですが、読み方が異なります。皆さんはそれぞれを正しく読めますか?特に 2, 6, 7, 8, 10, 11, 12, 13 は、上で示した「動詞の3人称複数形の読み方」に注意して読んでみてください。

  1. Nous portions les portions.
  2. Les poules du couvent couvent.
  3. Il est à l’Est.
  4. Cet homme est fier. Peut-on s’y fier?
  5. Avant, nous éditions de belles éditions.
  6. Je suis content qu’ils content ces histoires.
  7. Il convient qu’ils convient leurs amis.
  8. Ils ont un caractère violent: ils violent leurs promesses.
  9. Nos intentions sont que nous intentions ce procès.
  10. Ils négligent leurs devoirs, je suis moins négligent qu’eux.
  11. Ils résident à Paris chez le résident d’une nation étrangère.
  12. Les cuisiniers excellent à faire ce mets excellent.
  13. Les poissons affluent à un affluent.

【音声】

 

【和訳】

  1. 我々は分け前を持っていた。
  2. 修道院の雌鶏は、卵を孵している。
  3. 彼は東部にいる。
  4. この男は誇り高い。彼を信頼できるだろうか?
  5. かつて、我々は素晴らしい版を出版していた。
  6. 私は、彼らがその話を語るのが嬉しい。
  7. 彼らが友人達を招待するのが望ましい。
  8. 彼らは乱暴な性格だ。自分達の約束を守らない。
  9. 我々の意図は、訴訟を起こすことだ。
  10. 彼らは自分達の義務をおろそかにしている。私は彼らよりもいい加減ではない。
  11. 彼らはパリの外国人居住者の家に滞在している。
  12. 料理人たちは素晴らしいお料理を作るのが得意です。
  13. 魚は支流に流れ込む。

【読み方が異なる部分の品詞】 m.=男性名詞、 f. =女性名詞、形=形容詞

  1. Nous portions (porter 「持つ」の半過去)  les portions ( f.「分け前、割り当て」).
  2. Les poules du couvent (m.「修道院」) couvent (couver 「(親鳥が卵を)抱く、かえす」の3人称複数形).
  3. Il est (être) à l’Est (m.「東部」).
  4. Cet homme est fier (形「…を誇りにしている、誇り高い」r まで発音する). Peut-on s’y fier ? (se fier = 「…を信頼する」(r は発音しない)
  5. Avant, nous éditions (éditer「…を出版する」の半過去) de belles éditions (f. 「出版、版」).
  6. Je suis content (形「満足している」) qu’ils content (conter「語る」の3人称複数形) ces histoires.
  7. Il convient (convenir que… 「…するのが望ましい」、非人称の il を使う) qu’ils convient (convier 「…に招待する」の三人称複数形)leurs amis.
  8. Ils ont un caractère violent (形「乱暴な」): ils violent  (violer 「犯す」の3人称複数形)leurs promesses.
  9. Nos intentions (f. 「意図」)sont que nous intentions (intenter 「訴訟を起こす」の3人称複数形) ce procès.
  10. Ils négligent (négliger「おろそかにする」の三人称複数形) leurs devoirs, je suis moins négligent (形「いい加減な」) qu’eux.
  11. Ils résident (résider「住む」の三人称複数形)à Paris chez le résident 「m.「居住者)」 d’une nation étrangère.
  12. Les cuisiniers excellent (exceller「…に秀でる、すぐれている」の三人称複数形) à faire ce mets excellent (形「すばらしい、すぐれた」).
  13. Les poissons affluent (affluer 「大量に流れ込む」の三人称複数形) à un affluent ( m. 「支流」).

すべての動詞を正しく読めたでしょうか?初めのうちは、知らない単語が出てきたら動詞なのか名詞なのか形容詞なのかが分からないかもしれませんが、慣れてくると「動詞の3人称複数形だな」と分かってきます。その時は、-ent の読み方に注意するようにしてくださいね。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます