Très délicieux ! Très magnifique !

最終更新日:2021年10月12日

生徒さんと会話の練習をしているとよく、

C’était très délicieux!

C’était très magnifique!

とおっしゃることがあります。

「ほんとうに美味しかった!」「ほんとうに素晴らしかった!」と言いたい気持ちは分かるのですが、délicieux, magnifique のように最上級に近い意味を持つ形容詞には、très (とても)をつけることはできません。

très がつけられない最上級に近い意味をもつ形容詞

  • délicieux 「とても美味しい」
  • magnifique「素晴らしい、見事な」
  • merveilleux「素晴らしい、見事な」
  • formidable「素晴らしい、見事な」
  • superbe「素晴らしい、見事な」
  • excellent「素晴らしい、すぐれた、見事な」
  • splendide「素晴らしい、見事な」

以上のような形容詞には très をつけることができませんが、その代わりに:

vraiment「本当に、まったく」
absolument「まったく」
tout à fait 「まったく」

をつけることは可能です。

Le repas était vraiment délicieux.  「食事は本当に美味しかった」

Le repas était absolument délicieux.

Le repas était tout à fait délicieux.

このように、すでに最上級の意味をもつ形容詞をさらに強調したい場合には、vraiment, absolument, tout à fait などをつけるようにしましょう。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます