世界で最もセクシーな言葉、フランス語

最終更新日:2020年11月30日

皆さんが新しい外国語を習おうとする際、何を基準に習う言葉を決めますか?フランスの新聞Figaroの記事 (2017年8月) によると、フランス語は「アクセントが世界でもっともセクシーな言葉」に選ばれたそうです。

参照元:L’accent français réélu le plus sexy du monde

アンケートを実施したのは、外国語習得のアプリ等を開発しているバベル(Babble)という会社。世界中で外国語学んでいる1万5千人のバベルアプリユーザーに対して行ったアンケートによる結果です。

特にフランス語は英語圏の人々を魅了し、オーストラリア人の63%、そしてアメリカ人の43%が、「フランス語のアクセントはセクシーだ」と回答したそうです。また「セクシーな言語」としてフランス語のライバルであるイタリア語を話すイタリア人の47%も、フランス語のアクセントがセクシーだと答えました。

フランス語の次にセクシーな言葉は?

では、フランス語の次に「セクシーな言葉」に選ばれたのは何語でしょうか?

2位はイタリア語、3位はスペイン語、4位はドイツ語、そして5位はポルトガル語だそうです。

最もセクシーな言葉を話す当のフランス人にとってはどう答えたのでしょうか。アンケートに回答したフランス人の40%が「最もセクシーな言葉はイタリア語」と答え、続いて23%が英語、18%がスペイン語、そしてトルコ語、ドイツ語の順になっています。

最もセクシーでない言葉も…

ちなみに「最もセクシーでない言葉」を見てみると、最下位はポーランド語、その前はトルコ語、デンマーク語、ロシア語の順だそうです。

ポーランド語っていったいどんな音なのでしょうか?ラジオで聞いてみました。

 

音はロシア語に似ている気がしますね。

このような結果をみると、スラブ語派やゲルマン語派の言語よりも、イタリック語派の言語の方がよりセクシーに聞こえるようです。日本語はマイナーな言語なので結果には入っていませんが、海外の人にはどのように聞こえるのでしょうね。

 

言語のユーザー数に関しては、英語や中国語のはるか後ろで世界第5位のフランス語ですが、その発音で世界中を魅了するフランス語。音の点からいえば [an] [en] [in] [un] [on](ア、オ)などの鼻にかかる独特の鼻母音の音が、セクシーに聞こえる理由のひとつに違いありません。 またその背景には、アートやモード、音楽、料理などフランスの持つ豊かな文化も、言語の持つイメージに大きく影響していることでしょう。

フランス語

 

私自身、英語の次になぜフランス語を選んだかというと、やはり「フランス語は世界で最も美しい言葉」という評判をどこかで聞いたからでした。でも実際に習い始めた後、小さなころから好きだった画家や作曲家の多くがフランス人だったという事実を知り、フランス語に惹かれたのはきっと偶然ではなかったのだなぁ、と思いました。

みなさんも世界で一番セクシーと言われている言語、フランス語を、これからもがんばって続けてくださいね。

世界のフランス語の訛り(なまり)について」もお読みください。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

3件のコメント

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます