フランス語の[r]と[l] の発音:フランスの朝食で突然ご飯を炊きだして笑われた話 

最終更新日:2020年11月24日

その日は週末で、土曜日の夜からフランス人のお友達の家に泊りがけで遊びに行っていました。朝起きた時に、友人が私に言いました。

「イズミ、ごはん炊いてくれる?」

「え?ごはん?」

と私は一瞬思いましたが、日本で暮らしていたころ、わたしは毎朝ご飯とお味噌汁の和食朝食でしたので、「フランス人の友達も、いちど日本風の朝食を食べてみたいのかなぁ」と思い、
「OK!」とはりきってお鍋でご飯を炊き始めたのです。

 

ところがしばらくして友人がやってきて、「なにやってるの?」と聞くではありませんか。

「へ?ご飯炊いてるんだよ。さっき言ったじゃない。ご飯炊いてって。」

 

しばらくきょとんとしていた彼女は、ようやく理由がわかって大笑いし始めました。

私の勘違いとは…?


友達は私に、

”Tu fais le lit?” [チュ フェ ル リ?] (ベッドメーキングしてくれる?)

と言ったのですが、私はそれを

 

“Tu fais du riz?” [チュ フェ デュ り?](お米つくってくれる?=ご飯炊いてくれる?)

と聞き間違えたのでした。

 

  • 間違いその1

ベッドは lit [リ]といい、日本語の「らりるれろ」の「り」と同じように発音します。

お米は riz [り] で、日本語では両方とも「リ」と書くしか方法がないのですが、[r] の発音は日本語の「らりるれろ」とは違います。

まず、日本語で「か」という時の口の形をします(音はださずにその直前でとめてみてくださいね)。その時、自分の舌の奥の方がのどの奥の上の方にくっついていませんか?そのくっついている舌をすこーし離して音を出すと、かすれた「ハ」のような音が出ると思います。また、舌の先っぽは下の前歯の裏側にくっつけておきます。フランス語の[r] はそんな感じの音です。

それでは [r] と [l] の発音を比べてみましょう。

  • riz (お米) [り]
  • Paris (パリ) [パり]
  • rue (道) [る]
  • rouge (赤) [るージュ]
  • raisin (ぶどう) [れザン]
  • rose (バラ) [ろーズ]

 

  • lit (お米) [リ]
  • lion (ライオン) [リオン]
  • loin (遠い) [ロワン]
  • mélodie (メロディ) [メロディ]

 

このように [r] と [l] は全く違う音ですが、日本語には [r] の音がないため私には [r] が [l]に聞こえてしまったのです。我々日本人は英語でも [r] と [l] の発音や聞き取りが苦手ですが、フランス語の音でもやはり苦手なようです。

*ちなみに私のレッスンでは、[l]の音はカタカナの「ラリルレロ」で、[r]の音はひらがなの「らりるれろ」で記載しています。

フランス語の [r] の発音の仕方

  • 間違いその2

友人は「ベッド」という名詞の前に、定冠詞の ”le” をつけました。”faire le lit” [フェーる ル リ] で、「ベッドメーキングをする」という意味になります。これがもし「お米を炊く」と言う場合には、riz の前に 部分冠詞の ”du” がつくはずです。部分冠詞とは、飲み物などの液体や食べ物、目に見えない抽象名詞など、数えられないとされるものにつける冠詞のことです。一般的な「お米」は数えられないものと考えられ、部分冠詞をつけて”du riz” [デュ り]と言います。

ちなみに “fais” は “faire” という動詞が活用した形で、「する、作る」という意味があります。
faire le lit [フェーる ル リ] を直訳すると「ベッドを作る」ですが、これは「ベッドメイキングをする」という意味になります。

Tu fais le lit? [チュフェルリ]

Tu fais du riz? [チュフェデュり]


当時の私は、r と l の音の違いと冠詞がしっかりと聞きとれていなかったのでした。「リ」という言葉が聞こえた習慣に「米!」と解釈をしてしまい (朝ごはんの時間だったし…)、台所に走った私。

このようにフランス語を習いたてのころは、半分ぐらいの理解で勝手に意味を解釈してしまうことが多いので、注意が必要です。私のように笑い話ですめばいいですが、誰かが言ったことを間違って悪い方向に解釈してしまったりしないよう、気をつけてくださいね(わからなかったら恥ずかしがらずに聞き返しましょう)。

私が炊き始めたご飯はどうしたかって…?

もちろん朝ごはんに食べました!バゲットやクロワッサン、カフェオーレの朝食はとっても美味しいですが、長い留学中には和食の朝ごはんも恋しくなるものです。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

1件のコメント

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook