フランス語の動詞(2):avoir の活用

最終更新日:2020年3月31日

ここではフランス語の重要動詞のひとつである、avoir [アヴォワーる]を勉強します。

avoir という動詞には、主に6つの意味があります。

  1. 持つ、持っている(所有や人間関係)
  2. 身体の特徴、属性を示す(形容詞のついた体の部分)
  3. 年齢の表現(〇〇歳です)
  4. 冠詞のつかない名詞と組み合わせた決まり文句
  5. il y a ~(~がある)という、存在を示す表現
  6. 複合過去を作るときの助動詞

フランス語の重要動詞 avoir の活用(直接法現在形)

être と同じくavoir の活用は複雑ですが、よく使われる動詞というのは一般的に活用が複雑なのです。複雑でも使用頻度が高いので、複雑な活用のままで昔から残ることができたのですね。

それでは、avoir の活用や使い方を説明した動画をご覧ください。

 

 

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook