フランス語の動詞(1):être の活用

最終更新日:2020年4月23日

フランス語の哲学者デカルトが言った言葉「われ思う、ゆえにわれあり (Je pense, donc je suis.)」にも出てくるフランス語の重要動詞 être [エートる]。

être は英語の「be 動詞」にあたり、「いる、ある、存在する」という意味のほかにも、

  • 主語と属詞を結びつける働き
  • 出身をあらわす
  • 所有をあらわす

といった使い方があります。

フランス語の重要動詞 être の活用(直接法現在形)

それでは、êtreの活用や使い方を動画でご説明します。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook