フランス語の冠詞の使い分けについて: un それとも le ?

最終更新日:2020年3月3日

今日はフランス語の不定冠詞(un, une, des)と定冠詞(le, la, les)の使い分けについて解説したいと思います。日本語には冠詞がないため、我々日本人にとって冠詞の使い分けは難しいですよね。きちんと規則を理解していないと、すべての名詞に定冠詞 (le, la) をつけてしまいがちです。

冠詞の使い分けを理解するために、いろいろな例文を使って比較してみましょう。

Il y a un musée près d’ici. ① C’est le musée du Louvre. ②

「この近くにひとつの美術館があります。それはルーヴル美術館です。」
(限定されていない=不定冠詞 un )(限定されている=定冠詞 le )

 

Le bruit est un des problèmes de la vie moderne. ③ 「音(騒音)は近代生活における問題のひとつである。」
(音一般を総称=定冠詞 le )

 

J’ai entendu un bruit dans le couloir. ④ 「私は廊下でとある物音を聞いた。」
(とある音=不定冠詞 un )

 

C’est une voiture qui roule vite. ⑤ 「これは早く走る車だ。」
(多くの早く走る車のうちの一台 =不定冠詞 une)

 

C’est la voiture que je viens d’acheter. ⑥ 「これは私が買ったばかりの車だ。」
(私が買ったばかりの車(限定された車)=定冠詞 la )

 

De nos jours, on prend beaucoup l’avion. ⑦ 「 昨今、我々はよく飛行機に乗る。」
(飛行機一般=定冠詞 le )

 

Je prends toujours un avion de cette compagnie. ⑧ 「私はいつもこの会社の飛行機に乗る。」
(たくさんあるこの会社の飛行機のうちの一台=不定冠詞 un )

 

Il est arrivé un dimanche. ⑨ 「彼はとある日曜日にやってきた。」

(とある日曜日=不定冠詞 un )

 

Le dimanche, il joue au golf. ⑩ 「日曜日、彼はゴルフをする。」
(日曜日はいつも、一般的にすべての日曜日=定冠詞 le )

 

Le vert est ma couleur préférée. ⑪ 「緑は私が一番好きな色だ。」
(緑色一般を総称して=定冠詞 le )

 

La mer était d’un vert éclatant. ⑫ 「海ははじけるような緑色だった。」

(とある固有の緑色 =不定冠詞 un )

「Être de… ~の性質(特徴)を持っている」という意味になり、例えば

Ce vin est de première qualité. は 「このワインは一級品(の性質)だ。」となります。

 

このように見ると、

  • もの一般を総称して示す場合には、定冠詞の単数形 (le, la) をつける。③⑦⑩⑪
  • 限定されたものを示す場合にも定冠詞をつける(le, la, les)。②⑥
  • 多くの中のあるひとつのものを示す場合には不定冠詞をつける(un, une)。①⑤⑧
  • 「とある」「ある固有の」と訳せる場合、他と区別する場合には不定冠詞 (un, une) ④⑨⑫

となっていることが分かります。以上は主に数えられる名詞の場合でした。

フランス語の不定冠詞、定冠詞、部分冠詞の使い分け

次に数えられない名詞を使って、部分冠詞を含めた冠詞の使い方を比べてみましょう。

通常、数えられない名詞(液体、天気、勇気など)には部分冠詞 (du, de la) をつけますが、意味によっては不定冠詞や定冠詞をつける場合もあります。

L’eau est indispensable à la vie. 「水は生命に欠かせない。」

水一般を総称して=定冠詞 la

 

Cette source donne une eau très pure. 「この泉からはとても澄んだ水が出る。」

形容詞をつけて「とある固有の」と他と区別して:あるとても澄んだ水=不定冠詞 une

 

Je voudrais de l’eau, s’il vous plaît. 「お水をお願いします。」

数えられない名詞の前につく = 部分冠詞 de la

 

Le courage est une qualité morale.  「勇気は道徳上の長所である。」

勇気一般的に総称して=定冠詞 le

 

Il a montré un grand courage dans cette situation.「 彼はこの状況の中で、偉大な勇気を示した。」

形容詞をつけて「とある固有の」と他と区別して:ある偉大な勇気 =不定冠詞 un

 

Il faut du courage pour se lever à 5 heures tous les matins. 「毎朝5時に起きるのには勇気がいる。」

数えられない名詞の前につく =部分冠詞 du

 

Le russe est une langue difficile à apprendre. 「ロシア語は学ぶのが難しい言語だ。」

ロシア語一般的に総称して =定冠詞 le (一般的に言語の前には定冠詞をつける。le français = フランス語)

 

Quelle est cette langue ? 「この言葉はなに?」C’est du russe. 「ロシア語だよ。」

ロシア語の一部を示して(~のうちのいくらか)=部分冠詞 du

 

Elle parle un russe excellent. 「彼女は素晴らしいロシア語を話す。」

形容詞をつけて「とある固有の」と他と区別して:ある素晴らしいロシア語=不定冠詞 un

 

なんとなく違いが分るでしょうか?「形容詞をつけて“とある固有の”というように他と区別する場合の用法」が分かりにくいと思うので、もう少し例をあげてみましょう。

 

例えば、自然物や季節、抽象名詞など唯一のものを表す場合には、通常定冠詞をつけます。

le soleil (太陽), le ciel (空), la mer (海), la passion (情熱)…

ところが、このように唯一物でも形容詞などをつけて他と区別する場合には、不定冠詞を取る場合があります。例えば:

un soleil ardent (焼けつくような太陽)

un ciel sans nuages (雲一つない空)

une passion absurde (不条理な情熱)

この「他と区別する」場合に不定冠詞 (un, une) をつけるという使い方は、最初は慣れないと思いますが、あるものを総称して言うのではなく「形容詞をつけて他と区別させたい、際立たせたい」という時には、un, une をつけてみてください。私の中では “un,une” をつけて区別するのは、カマンベールチーズをひと切れ取り出すイメージに近いです。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事