フランス語での新年の挨拶(メール、手紙)

最終更新日:2021年1月3日

Bonne année ! (明けましておめでとうございます!)今年もはりきってフランス語の勉強を続けていきましょう!

年の初めにまずやるのは、世界共通「新年のご挨拶」。フランス語圏の人々も、メッセンジャーやWhatsAppなどで家族や親しい人に「明けましておめでとう」のメッセージを送ったり、メールで取引先の人に年始のご挨拶をして、また新しい一年が始まります。

今日はフランス語でメッセージやメール、手紙にどのように新年の挨拶を書けばよいのかを見ていきましょう。

フランス語の新年の挨拶 ①(メール、メッセージの文例)

“vous (あなた)” (丁寧な二人称形、または tu の複数形)を使った、誰にでも送れる一般的な新年の挨拶です。

Je vous présente tous mes meilleurs vœux pour cette nouvelle année 2021. Que la santé, la joie et la prospérité soient avec vous et que vos souhaits se réalisent !

 

「新しいこの年、2021年のご多幸をお祈り申し上げます。健康や喜び、繁栄があなたと共にありますことを、そしてあなたの願いがかないますことを願っております。」

文法のポイント
Que を文頭につけることで「願望」を表す節を作ることができます。その際に、動詞は接続法にする必要があります

 

Que la santé, la joie et la prospérité soient avec vous et que vos souhaits se réalisent !”
soient = être の接続法, se réalisent = se réaliser の接続法

 

「健康や喜び、繁栄があなたと共にありますことを、そしてあなたの願いがかないますことを願っております。」

 

Qu‘il réussisse !
réussisse = réussir 「成功する」の接続法

「彼が成功しますように!」

フランス語の新年の挨拶 ②(メール、メッセージの文例)

世界的にさまざまな災いが起こった2020年を振り返った新年の挨拶です。こちらも誰にでも送れる文面です。

Que cette année 2021 qui démarre soit meilleure que celle que nous avons connue en 2020. Paix, amour, santé et bonheur pour tous, loin des conflits et des drames.

 

「これから始まる2021年が、2020年よりも良き年でありますように。争いや惨事が遠のき、皆に平和、愛、健康、幸せが訪れますように。」

文法のポイント
①上の例文と同様に、Que を文頭につけることで「願望」を表す節になっています(黄色い部分は接続法)。
Que cette année 2021 qui démarre soit meilleure que celle que nous avons connue en 2020.

 

② meilleure que
bon の比較級の形は meilleur 。ここで meilleure となっているのは、主語の année (年=女性名詞)の性数に一致しているため。 meilleure que ~「~よりもよい」

 

③ celle
指示代名詞 celui の女性形。année(年=女性名詞)を受けています。直訳をすると
「2020年に我々が知った年よりも、これから始まる2021年がより良いものでありますように。」

 

フランス語の新年の挨拶 ③(メール、メッセージの文例)

親しい人に使う二人称の主語 “tu” を使った、友人や近しい人に向けた新年のメッセージです。

Pour cette année nouvelle, je te souhaite des joies simples, de belles perspectives et des horizons infinis. Bonne année 2021 !

 

「新年にあたり、あなたにたくさんの純粋な喜びと素晴らしい展望、無限大の眺望が訪れますように。明けましておめでとう!」

文法のポイント
①「明けましておめでとう」はフランス語で Bonne année と言います。année「年」が女性形なので、形容詞の bon「良い」も女性形にして bonne となります。

 

② 通常フランス語の形容詞の位置は「名詞のうしろ」ですが、bon, petit, joli, beau などの短くて日常的によく使う形容詞は、例外的に名詞の前に置きます。
joies simples純粋な喜び
belles perspectives=素晴らしい展望

 

③ de belles perspectives
不定冠詞の de が複数形の “des” belles perspectives となっていないのは、形容詞が名詞の前に来ているためです。

des joies simples「純粋な喜び」
de belles perspectives「素晴らしい展望」
des horizons infinis「無限大の眺望」

フランス語の新年の挨拶 ④(メール、メッセージの文例)

こちらも “tu”を使っているので、親しい人に送る文章です。大胆で冒険好きな人に送ってあげてください。

Je te souhaite bonheur et bonne santé pour la nouvelle année, mais surtout plein de magnifiques surprises, de sentiers aventureux, d’audaces et de folies ! Que 2021 soit étonnante ! Bonne année !

 

「新年にあたり、あなたの幸せと健康を願います。でもそれより、たくさんの素晴らしい驚きと、冒険の道と、大胆さと、熱狂があなたに訪れますように!2021年が驚きの年でありますように!明けましておめでとう!」

文法のポイント
plein de ~「たくさんの~」= beaucoup de と同じ意味です。後ろに来る名詞にすべて 「plein de」がかかっていることに注目。

 

plein de magnifiques surprises,「たくさんの素晴らしい驚き」
plein de sentiers aventureux,「たくさんの冒険の道」
plein d‘audaces,「たくさんの大胆さ」
plein de folies, 「たくさんの熱狂」

 

“beaucoup de~”と同じように、de の後ろにくる名詞には冠詞をつけません。

フランス語の新年の挨拶 ⑤(メール、メッセージの文例)

とてもニュートラルな文面なので、それほど親しくない人にも使えるでしょう。

Que 2021 soit pour vous l’année de toutes les réussites : réussite professionnelle, réussite personnelle.

 

「2021年が、仕事面でもプライベートにおいても、あなたにとって成功の年となりますように。」

文法のポイント
: の後に並列で名詞をいくつか並べる場合には、名詞には冠詞をつけません。
: réussite professionnelle, réussite personnelle.

 

以下は取引先の方など、仕事関係の人にも使える文面です。

Que l’année 2021 vous apporte le bonheur et la réussite, le succès dans vos projets et l’accomplissement de vos rêves.”

 

「2021年があなたに幸せと成功をもたらし、プロジェクトの達成とあなたの夢の実現が訪れる年となりますように。」

文法のポイント
こちらも Que で始まっている「願望」を表す文章なので、動詞の “apporte” は apporter「もたらす」の接続法の形であることが分かります。直接法現在形と形が同じなので注意。


いかがでしたでしょうか。フランス語の新年の挨拶をいくつかご紹介しました。文法の復習をしながら書いてみてくださいね。また、日本語の年賀状になれた私達は、フランス語でも「今年もどうぞよろしくお願いします。」と書きたくなりますが、フランス語では新年の挨拶にそのような表現はしません。上でご紹介したような文章をマネして「あなたに○○が訪れますように!」という書き方をしてみてください。

「よろしくお願いします」はフランス語でどう言うの?

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます