フランス語 deファッション用語(1):ポケットの形

最終更新日:2020年4月12日

私がパリで最初についた仕事はアパレル系の仕事でした。当時はライセンスビジネスが非常に盛んで、フランスやイタリアのメゾン(ファッションブランド)が日本でライセンス契約を結んで製造をする際に、デザイナーさんと日本のアパレルメーカーさんとの間に立ち、デザイン画からサンプル作り、デザインアプルーバルなどの作業がスムーズに行くようにサポートをするのが役目でした。

その中で一番大変だったのは、フランス語のアパレル専門用語を理解すること。ビジネスの勉強はしたもののファッションの勉強は全くしたことがなかった私には、デザイナーさんが言うアパレル専門用語を日本のメーカーさんに伝えるのは一苦労。そんなことを思い出しながら、ファッション専門用語をフランス語でどのように言うのかを少しずつまとめていきたいと思います。

今日はまず、ポケットの形をフランス語でどのように言うのかを見ていきましょう。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

ファッション用語:ポケットの形をフランス語でどう言う?

まず、「ポケット」はフランス語で ”poche [ポッシュ]”。女性名詞です。

Poche plaquée [ポッシュ プラケ] = パッチポケット
plaqué は「めっきした」という意味もありますが、ここでは「張り付けた」という意味で使われています。Poche plaquée の最後の[e]は、poche が女性名詞のために、形容詞のplaqué に性数一致が行われているからです。

 

Poche plaquée surpiquée [ポッシュ プラケ シューるピケ] = ステッチ入りパッチポケット
surpiqué は「ステッチされた」という意味です。Poche plaquée surpiquée ここの [e] も性数一致されたためです。

 

poche plaquée passepoilée [ポッシュ プラケ パスポワレ] =玉縁(パイピング)パッチポケット
passepoilé は 「縁飾り」という意味の passepoil [パスポワル] から来ています。別に裁断した布で切り口を縁取り(パイピング)したポケットのこと。ここではパッチポケットと組み合わさっています。

 

 

poche plaquée surpiquée avec rabat [ポッシュ プラケ シュールピケ アヴェック らバ]=フラップ付きパッチポケット・ステッチ入り
rabat はフラップのことで、元々は雨が入らないようにするためにポケットに蓋をつけたことから始まったそうです。

 

poche plaquée à rabat, bords arrondis [ポッシュ プラケ ア らバ ボーる アろンディ]=フラップ付きパッチポケット・丸縁
bord は「縁、へり」という男性名詞で、arrondi は「丸くなった」という形容詞です。前置詞のavec が「~付きの」という意味で使われている場合には、à(~を持った、の入った)という前置詞に置き換えられる場合もあります。

avec rabat = à rabat (フラップ付き)

 

poche passepoilée [ポッシュ パスポワレ]=玉縁(パイピング)ポケット

poche passepoilée surpiquée [ポッシュ パスポワレ シュールピケ]=ステッチ入り玉縁(パイピング)ポケット

 

poche passepoilée avec renforts [ポッシュ パスポワレ アヴェック らンフォーる]=玉縁(パイピング)ポケット
renfort というのはここでは「補強布」のこと。

 

poche passepoilée boutonnée avec patte [ポッシュ パスポワレ ブトネ アヴェック パット] =フラップボタン付き玉縁(パイピング)ポケット
boutonné は 「ボタンを付けた」、 patteは「動物の脚」という意味もありますが、ここでは「フラップ、ふた」。

poche passepoilée à glissière [ポッシュ パスポワレ ア グリシエーる] ファスナー付き玉縁(パイピング)ポケット
glissière は「ファスナー、チャック」のこと。その他にも、zip [ジップ]といったり fermeture éclair [フェるメチューる エクレーる]という言い方もあります。

 

poche revers [ポッシュ るベーる]=フラップ付きボタンダウンポケット
revers は「折り返し」という意味です。

 

poche ville [ポッシュ ヴィル] =ウェルトポケット
ville はフランス語で「都市、町」という意味です。

 

poche couture [ポッシュ クチュール]=シームポケット(ストレートサイドポケット)
couture とは「裁縫、縫い目」という意味です。縫い目や切り替え等を利用してつくられる、外からは見えにくくデザインなどに影響を与えにくい特徴のポケット。

 

poche italienne [ポッシュ イタリアン]=フォワードセットポケット(forward set pocket)
脇ポケットの切り方が斜めになっているもの。

 

poche kangourou [ポッシュ カングるー]=カンガルーポケット
腹前に設けられたポケットの総称。


このような専門用語は、日本語では英語をそのままカタカナ読みにして使う場合が多いため、英語とは対比しやすいですが、フランス語にはまた独特の言い方があるため覚えるのが難しいですね。

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook