フランス語テスト(TCF-Test de connaissance) のレベルA2ってどんな問題?

最終更新日:2020年3月31日

フランスで10年滞在許可証を申請する場合には、欧州が定めた語学レベル(CECRL基準)でA2以上の語学力を持っていることを証明しなければなりません。ではこのA2とはどの程度のレベルなのでしょうか?ここでは、TCFの中の「10年滞在許可書用のTCFテスト(TCF pour la carte de résident en France)」の内容をご紹介したいと思います。

フランスの10年滞在許可証の取得に必要なフランス語力とは

フランス10年滞在許可証申請用フランス語テスト(TCF pour la carte de résident en France)

このテストでは、以下の4分野の能力が試されます:

  1. リスニングテスト Compréhension orale
  2. リーディングテスト Compréhension écrite
  3. スピーキングテスト Expression orale
  4. ライティングテスト Expression écrite

合格レベルは、この4分野で最低限:

3分野でA2レベル

1分野でA1レベル

以上の能力がなければなりません。

 

例えばAさんのテスト結果は以下でした:

  • Compréhension orale : A2
  • Compréhension écrite : A2
  • Expression écrite : A1
  • Expression orale : B1

この場合、Niveau global A2 atteint(総合結果:A2合格)となります。

(レベルは初級がA1で、その後A2、B1、B2、 C1と上がっていき最上級レベルがC2です)。

 

次にBさんの結果は以下のようでした:

  • Compréhension orale : A2
  • Compréhension écrite : B1
  • Expression écrite : A1 non atteint
  • Expression orale : B1

Bさんはライティング能力でA1レベルに達していないので、”Niveau global A2 non atteint(総合結果:A2不合格)”となります。4分野のうち1分野でもA1に達していなければ、総合評価でA2合格にはならないのです。

 

次にCさんの結果です:

  • Compréhension orale : A1
  • Compréhension écrite : A2
  • Expression écrite : A1
  • Expression orale : B1

Cさんも残念ながら不合格です。4分野のうちの3分野でA2レベルを取らないといけないからです。

海外から来る移民の方々の中には「話すのはかなり上手だけれども読めない、または書けない」という方もいるので、このようにすべての分野でバランスよいフランス語力が求められているのでしょう。

それでは、各分野の問題をみていきたいと思います。

TCF リスニングテスト Compréhension orale:15分、20問

リスニングテストは4択問題です。問題用紙にある絵を見た上で、流れてくる4つの答えを聞き、あてはまるものを1つ選びます。

問題1

ここでは、お母さんが子供達に言っている言葉を選びます。実際には4つの答えは書いてありませんので、聞いただけで答えをひとつ選ばなければなりません。答えは一度しか聞けません。

問題2

この問題では絵はありません。質問とそれに対する4つの答えが聞こえてきますので、最も当てはまる答えをひとつ選びます。実際には質問と答えは書いてありませんので、すべて聞き取って答えます。また、質問と答えは一度しか聞けません。

問題3

この問題では、まず会話が聞こえてきて、その後に質問が聞こえてきます。書いてある4つの答えの中から当てはまる答えを1つ選びます。会話と質問は一度しか聞けません。


答え合わせをしてみましょう。

問題1: D

子供達がテレビを見ているところに、母親らしき女性が何かを言っています。A,B,Dのどれもが当てはまりそうですが、女性がテーブルを指さしているので、Dの「すぐにごはんを食べにきなさい。」が正解です。当てはまりそうな答えが複数ある場合には、絵をよく見て最適なものを選びましょう。

問題 2: B

« A combien »という質問なので、値段を聞いていることになります(または C’est combien ? とも聞けます)。AとBで迷うと思いますが、サイズを聞く場合には « du combien »となります。Bははっきりと値段を答えてはいませんが「高くないですよ。」と値段に関する答えなので、Bになります。

問題 3: D

会話の内容がよく理解できていないと、chèque(小切手), les cartes bancaires(銀行カード), en espèces(現金)とすべての言葉が聞こえてくるので、正しい答えが選べません。この会話では、買い手がまず小切手で払おうとしたところ、お店の人に「小切手はもう受け付けていないが、銀行カードか現金なら」と言われます。けれども買い手が「カードは家に置いてきてしまい、現金も手持ちが足りない」と言ったので、お店の人は「特別に」小切手での支払いを認めてくれました。

TCF リーディングテスト Compréhension écrite:20分、20問

お知らせや広告、手紙など、さまざまな文章が載っていますので、それを読んだ後で質問に答えます。

問題 5

問題 6

答えは

問題 5: D
アポイントなしでも会ってくれるのは、15時―18時の間と書いてあるので、正解は「午後」になります。

問題 6: C
CとDの間で少し迷うかもしれませんが、「すぐに保険証を送ってください」ということですので、Dのように「すべての書類を送りなおす」必要はなく、「ひとつの書類(保険証)を送る」が正解になります。

TCF ライティングテスト Expression écrite:30分、3問

問題1

友達から来たメッセージに対して答えます。「エマってどんな子?」と聞いてきているので、彼女の年齢や職業などについて、自由に書きます。ただし「30文字以上、60文字以下」という条件はきちんと守りましょう。ちなみに、60文字はこれぐらいにあたります(5行程度:文章の内容は回答ではありません)。

Ils ont fait leurs adieux. Cette semaine, après plus de deux mois, le Megxit a été enclenché : le prince Harry et Meghan Markle ont officiellement abandonné leurs fonctions royales de premier plan, dans une volonté de travailler, d’être financièrement indépendants, et de se consacrer à leur vie de famille avec leur fils Archie. Et pour ce faire, c’est au

問題2

こちらも同様にメッセージに対する返事です。「結婚式はどうだった?」という質問に対して、結婚式の様子を表現しなければなりません。文字制限は40文字以上90文字以下です(7行程:文章の内容は回答ではありません)。

Élément fondamental d’un gâteau : les ingrédients. Et en fonction du choix des ingrédients, les grammages évoluent. Par exemple, en utilisant un sucre non raffiné, au goût plus affirmé comme le muscovado, on peut en réduire la quantité sans affadir le dessert. En utilisant du fromage blanc à 0%, de la compote de pomme ou de la courgette râpée, le gâteau s’allège sans en avoir l’air. En effet, certains ingrédients fonctionnent à merveille en version sucrée. Le fromage blanc permet de remplacer avantageusement le cream cheese dans un cheese-cake léger,

問題3

最後の問題は、ネット上のフォーラムに自分の意見を書くという形です。文字制限は40文字以上90文字以下です。

 

3問とも、フランスでの実生活に必要な筆記能力が求められています。

TCF スピーキングテスト Expression orale:10分、3問

1問目: 面接官の質問に答える

知らない人と会話をするという能力が試されます。面接官が名前や職業などを聞いてきますので、その質問に答えます(3分間)。準備時間はありません。

2問目:ロールプレイ形式の会話

2問目はロールプレイ形式の会話で、例えばここでは面接官が不動産会社の人で、あなたはアパートを探している人という設定になっています。部屋数や広さ、住みたい場所などを伝え、会話をしましょう。問題に出ている不動産の広告は参考として使えばよいでしょう。準備時間はありません。

3問目:面接官の質問に答える

「あなたが好きな街はどこですか?それはなぜですか?」

1問目は自分自身のことについて答えるので、あらかじめいくつかの答えを準備しておくとよいでしょう。

以上が、TCFテストの大まかな内容です。準備のためのテキストや教材はこちらに載っていますので、参考になさってください。リスニングは1度しか聞けないので、集中力が必要です。

DELF A2レベルの聞き取りテストをやってみましょう

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

コメントを残す

2件のコメント

関連記事

【留学・駐在前に】短期間で効率的にフランス語の基礎を身につけられます

フランス語学習に関する役立つ情報をお届けします

trial lesson

トレビアンフランス語アカデミーFacebook